So-net無料ブログ作成

初登りは初「赤岳」 [山登り]

新年あけましておめでとうございます。

今年一年が皆様そしてご家族の素晴らしい年であることを

心からお祈り申し上げます。

-

去年の暮は北アルプスに入っていた為

帰省は大みそかの晩になってしまいました。

翌日は毎年恒例の実家での新年会です。

-

IMG_3134 (1280x719).jpg

-

それにしてもいい天気に恵まれたお正月でしたね。

統計的にも太平洋側の元旦って極めて降水確率が低く

私の記憶でもここ20年で雨だった正月って1回しかないような…

-

IMG_3126 (1280x719).jpg

-

で、あまりにも天気がいい為、元旦の晩に一度横浜に戻り

本来、北アルプスの翌日に登ろうと計画していた

八ヶ岳登山に出掛けてしまいました。

-

「八ヶ岳」という百名山はありますが

「八ヶ岳」という山は無くて八つの峰を総称して八ヶ岳と呼びます。

その中でも2899mの一番高く

八ヶ岳の主峰と呼ばれる「赤岳」に初挑戦です。

-

横浜を午前3時前に出発し中央道小淵沢ICから車で約1時間

ごつごつとした林道を進むと現れる「八ヶ岳山荘」に一日千円の

駐車場代を払って午前7時30分スタートです。

ちなみにこの季節は駐車場まで雪は皆無でした。

-

IMG_3145 (1280x719).jpg

しばらくは樹林帯を登ります。

駐車場までは雪はないのですが歩き始めるとすぐに地面は凍結が始まってます。

山道も所々雪が見え始めますがまだ滑り止めは必要ないレベルです。

IMG_3153 (1280x719).jpg

お正月二日目ということもあってすれ違う人は少なく

静かな樹林帯を黙々と進みます。

IMG_3155 (1280x719).jpg

そして樹林帯が開くと八ヶ岳のゴツゴツが天に見えてきました。

-

IMG_3159 (1280x719).jpg

午前9時 樹林帯から出るとそこには冬季はお正月のみ営業の

「行者小屋」が現れました。

リサーチ不足でこの季節は営業してないと思い

お金は車に置いて来てるため買い食いできず・・・(´・ω・`)

-

ここで初めて10本爪装着です(`・ω・´)シャキーン

ちなみにこの日はミックス状態の雪が多ければと思い

チェーンスパイクも持参してましたが

必要ありませんでした。

-

目的地の「赤岳」にはルートがいくつかあるのですが

最短ルートと思われる「地蔵尾根」を選びます。

-

行者小屋裏から樹林帯を抜けると急斜面の山に取り付き

鎖場を数か所乗り越えるとお地蔵さんが出迎える

地蔵尾根に午前10時に到着。

-

IMG_3187 (1280x719).jpg

尾根に出ると遮るものが無いためすごい風が吹き荒れてます。

北アルプスでは氷点下仕様の厚手ウールインナー付きの皮手の下に

もう一つ薄手のインナーをつけてましたが

今回は薄手必要ないと思ったのが大間違い。

ほとんど体感温度は変わりませんね。

-

おまけにその薄手はタッチパネル対応だから

皮手を脱げばカメラ操作が楽なのですが

今回は皮手脱ぐと裸の手ですから

今回は撮影回数が少ない少ないww

-

IMG_3163 (1280x719).jpg

地蔵尾根から見える富士山。

この風景を日の出時間に見るってのもいいですね。

-

右側の稜線に見える山小屋が「赤岳展望荘」

IMG_3167 (1280x741).jpg

そしてその頂上に見えるのが「赤岳山頂小屋」

私の前には一人上ってられるのが見えます。

私が頂上に到着した午前10時30分にはこの方と私だけの貸し切り状態。

セルフタイマーではカメラが風で動いてしまうほどでしたから

その方に写真を撮っていただきました。

-

IMG_3200 (1280x720).jpg

-

山頂からは長野県すべてが見渡せるような澄み切った世界が臨め

眼下には先ほどいた「赤岳展望荘」と地蔵尾根が見えます。

その先には見えるのが「横岳」でその稜線を進むと「硫黄岳」です。

IMG_3169 (1280x719).jpg

-

八ヶ岳は南北に30数キロ広がる山域でして

南は今回のようにゴツゴツ感むき出しですが

北八ヶ岳となると森が深く湖が点在したりして

同じ八ヶ岳でも南と北ではその雰囲気は全く違うそうです。

今回は冬景色の八ヶ岳でしたが高山植物に覆われた

夏の八ヶ岳ってのもいいなぁって感じました。

-

下山は13時ジャスト「赤岳山荘」

帰りも行者小屋で滑り止めを外して降りてきたのですが

凍結した箇所に気付かず黒帯有段者に払い腰された様に

すさまじく転んでしまいました。

-

その晩は清水の健康ランドで5kmラン&サウナトレして

再度実家に帰省しました。

これが私の2016年初登りと初ランとなりました。

しかしお山はこれでしばらくお休みです。

1月末の「館山フル」と3月の「板橋フル」

そして5月の初ウルトラ「野辺山」に向け走り込みです。

それでは1年頑張って行きましょう(^_-)-☆


nice!(33)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

皇居で初トラブル(-_-;) [ランニング]

年末の仕事が穏やかに終了したのに対し

その反動で年明けは怒涛の日が続いた10日間でして

平日の自宅滞在時間が7時間あればいい方なので

ブログ更新もようやく今年2回目です。

おまけに数年ぶりとなる風邪を少々患い

仕事を休むことはしませんでしたが金曜日は職場の

リトルダディーことチビ太君にまかせ定時であがらせてもらいました。

市販の薬とチオビタ飲んだら昨日は大分スッキリとしてました。

unspecified.jpg

怒涛の日々と言いましたが赤い日はお休みでしたから

先週の日曜日は今年初訪問となる皇居ラン25kmでした。

1.jpg

ホントは30km走を予定していたのですが

途中トラブルに巻き込まれ

走る気が失せてしまったのです。

4.jpg

翌日も今年初訪問の「根岸森林公園」11kmラン

冬枯れの公園でしたが人沢山ww

この日はここで15kmほど走ろうと思ってましたが

インスタで二郎ラーメン画像みてたら

やたらと食べたい衝動がつのり・・・

これまた今年初訪問の「関内二郎」です(ノ∀`)ペチョン

(「関内二郎」=「ラーメン二郎横浜関内店」)

3.jpg

オーダーは小ラーメン690円+汁無70円+粉チーズ100円

コールはニンニク少なめアブラカラメ紅マシマシ玉子全卵

最近この乳化したタレに中毒症状が出ているようで自分が怖いww

でも向う一ヶ月は禁断症状が出ないようにしないと。

と、言うのも1月最終日は今年初レースの「館山若潮マラソン」が

控えており一応体重制限しているつもりなんです。

初レースなので口コミ見ると「急登」「坂道」「壁」のコメが。

その為ジムランではトレミに傾斜を付けられるため

普段は0.5%が基本としてますがそれを5%で始め7%まで上げ

最後に2%でクールダウンとしてます。

(傾斜率1%は100m進むと1m標高が上がる斜度)

二郎に寄った後はジムに戻って続きのランを

その傾斜ランでスタートですが食べた直後でもあり4kmでギブでした。

【1月16日までの月間走行距離 120km】

さて皇居ランで巻き込まれたトラブルとは?

私ってランステで衣替えしてトートバッグにペットボトルとタオルを入れ

それを大手門近くの木の下に置いてスタートしてるんですが

15km(皇居3周)の時点まではバッグがある事を確認してましたが

4周目に給水しようと思ったところバッグがない!

東京マラソンの時はテロ警戒が強く見回りのお巡りさんに

不審物と警告さてた事もありましたが

それ以降は皆さんも道具を置いて走っておられますが

私の置くポイントはその日も私のバッグだけで

不自然と言えば不自然でしてやはり不審物として片づけられたかな?

って思いました。

紛失しても痛くない持ち物ですが横浜マラソンの時の記念タオルと

もらい物の腰痛の御守が付いていたため一番近い皇居のお巡りさんの

詰め所に行き拾得物の報告の有無を確認しに行きました。

中身を詳しく伝え終わるとその情報を無線で確認してくださり

どうやら落し物として届が出ている様です。

で、その届主もそばにいるようなのでその場所まで来てくださいと

言われ一緒に歩いていくと大柄なお爺さんがその人物らしいのですが

やけに側の婦警さんにまくし立てている感じです。

そして私を誘導したお巡りさんが

「とりあえず相手に感謝の言葉を掛けてあげて下さい」と

お願いしてきます。

この時点で少々おかしいなって感じになりましたが

相手の開口一番で事の様子が把握できました。

「君!『これは置いておいた。』なんて言うなよ!あそこは公共の場所なんだから

君の置き場所ではないんだぞ!ランナーだから許されるなんて思うな!」

まだ私が何も言ってないのにもうこの調子です。

このジジイ!って思いましたが大人しく

「拾っていただきありがとうございました。」と私。

紛失届出した際に中身を詳しく聞かれたのは

この届人が実は置き引きと警察が勘ぐったからではと

思ってしまうようなイメージも膨らみます。

皇居ランナーのマナーとかが最近問われてます。

走る方向は反時計回り

広がって走らず狭い場所では1列で

そして皇居周回道路はランナーの為でなく

あくまでも歩行者優先

しかし中にはルールを逸脱しているランナーもいて

そういう事に反感を抱いている方も多いと思いますが

このお爺さんもそんな感じでした。

そんな訳でチョット嫌な気分になってしまった今年初の皇居ランでした。


nice!(38)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ