So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

エネチャージはつけ麺で! [つけ麺]

7月のふくらはぎ損傷で8月はリハビリランと称して

月間100km弱でしたが内面から治そう(独断)

と、エネチャージだけはしっかり摂っておりました。

最近なにかと限定メニューに惹かれて片道クルマで1時間の

川崎元住吉の「豚星。」さん。

訪問時は9月3日の土曜日です。

土曜仕事がなかったため開店の11時前に行こうと思ったら

10時40分ですでに12人ほどの行列が・・・

unspecified.jpg

カウンターのみ14席だったから開店と同時に着席はできるものの

ロットは第二グループとなるでしょう。

このお店は限定メニューや店のお休み情報をTwitterでしか

発信してないためこのお店のためにアカウントを作りましたww

で、この日の限定メニューが「つけ麺(綾)」850円

通常のつけ麺がピリ辛スッパ系なのですが

(綾)は辛めとスッパ系を極力少なくし醬油の味を前面n出す

私好みのテイストで興味満々での訪問でした。

2.jpg

で、つけ麺にも無料トッピングがあり

味の濃さ、アブラ加減、野菜の量、ニンニクの量を加減できます。

私のコールは「にんにく野菜アブラ」

ついでに有料トッピング味玉(100円)をお願いしてたのに

その姿が見えません???

店員にその旨を言うと

「あ、多分野菜の下に埋もれてると思います」だって。

上の写真の状態ならだれもが不思議がるよね

分かりやすく麺の上に乗せて提供するとかすればいいのに

そーいう対応の悪さが多々あるけど

味の魅力でその不満がすぐに消えてしまいます。

3.jpg

【住 所】 〒211-0025 神奈川県川崎市中原区木月4丁目5−20

【営 業】11:00~24:00

【休 み】日曜日

※ 食券制で外待ちが有る場合はそのまま並び店内に進んだタイミングで購買します。

この豚星。さんを訪問した翌週明けの休み時間に

休憩所のテーブルで20分ほどうつぶせで寝て起きたら

ぎっくり腰状態になってました。

ふくらはぎが完治してやっと走れるなって思った時でした。

腰をやる前の日はランできてたのですがやたらと下半身が

重く途中歩いてしまう位でしたからそれが前兆だったのかな?

とりあえずふくらはぎの時のこともあり今回は絶対安静ですね。

てかこの状態ではリハビリランなんてありえませんし…

(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)

で、先週の大相撲九月場所初日観戦前に摂ったエネチャージは

こういう機会でした行けない新小岩の人気店

「ラーメン燈郎」さんへ訪問しました。

小岩の人気店「麺屋 一燈」さんのサブブランドです

巷では「ラーメン二郎」+「一燈」=「ラーメン燈郎」

と言われるようにガッツリ系のラーメンがウリです。

unspecified.jpg

こちらも開店11時ですが訪問時は11時30分で外待ち6名でした。

こちらも食券制のお店でして

作り手2名の接客1名でこの接客係が食券を買うタイミングや

空席ができると待ちのお客にその都度声をかけ

エスコートしてくれる至れり尽くせりの対応です。

この日のオーダーはやっぱりつけ麺野郎の私ですから

「つけ麺並」(麺量300g)830円+ステーキ1枚(300円)

ステーキ??って思われるでしょうがこのお店の

お勧めトッピングらしく訪問前から狙っていたトッピングです。

1.jpg

濃厚すぎるなんて口コミもありましたが

私にはいい感じの濃さの豚骨スープです。

つけダレの中にはメンマが入浴し

その他の具材は麺の上に並べられてます。

ステーキは暑さ5mmほどですがスパイシーに焼かれ

いい感じですが麺が平打ちストレートな為

箸で持っても滑る滑るww

かなりの握力が必要なためレンゲと箸でトング状態で掴みました。

スープ割りは目の前のカウンターにポットで提供されてます。

平日限定メニューとして「台湾まぜソバ」や「アブラソバ」もある様で

それにも食指が動きますwww

【住 所】東京都葛飾区東新小岩1-1-1

【営 業】11:00~14:00 18:00~23:00

【休 み】夏季休暇と年末年始のみ

(*´ω`)ゲフ(*´ω`)ゲフ(*´ω`)ゲフ(*´ω`)ゲフ(*´ω`)ゲフ(*´ω`)ゲフ

腰をやってから2週間経過しました。

この3連休は山に行きたくて土曜も仕事無しの3連休にしてましたが

結局は台風の影響で天候も悪く

おとなしく地元でゆっくりランを再開しました。

ふくらはぎの損傷から優に1ヶ月半かかってしまい

怪我する前のランの力量に戻すには休んだ期間の倍以上

かかりそうですが皆さまからアドバイスいただいたように

焦らずに慎重に状態をみながら復調したいです。

unspecifiedPCRAUW99.jpg


nice!(20)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

荒れる九月 ( ゚Д゚)!!  [大相撲]

今年は台風の大当たりの年になってしまっている感じです。

当初は台風1号がなかなか発生しないなどという報道があったかと思うと

やっと発生した1号のあとは連続の台風上陸です。

久々の関東へ直接上陸あったかと思えば

東北地方への初上陸やまさかのUターンしての再上陸など

記録づくめの今年の台風でこの9月のシルバーウイーク3連休も

台風14号の影響で天候不順です。

まさに荒れる9月ですが「大相撲」ファンにとっても

荒れる「九月場所」となっている今場所です。

何が荒れているかと言えば綱取りをかける「稀勢の里」の

初日からの連敗スタートです。

(私的には綱取りとは到底なく一からのスタートと・・・)

そして横綱「白鵬」の休場もそうですが

「鶴竜」の初日からの2連敗などがあり

横綱大関陣が安泰だったのは五日目までありませんでした。 

それとは逆に平幕の「隠岐の海」がまさに神がかってます。

六日までで2横綱3大関を破る隠岐の海旋風です。

そして私のオシメンのGADこと「豪栄道」は

カド番だと言うのに全勝街道まっしぐらで

なんと!

昨日の七日目で全勝同士の

「隠岐の海」VS「豪栄道」

の対戦が組まれました。

相撲ファンからしたら直接対決はもう少し後半で見たかった

ところですがここで大関の意地を出した「豪栄道」の圧勝でした。

もうカド番どころか優勝も視野にいれてもおかしくない感じですね。

【大相撲相撲用語 解説】 「カド番」

「カド番」とは女子アナの「加藤綾子」・・・ではなくて

大相撲大関にある優遇制度から派生した言葉です。

大関の優遇制度の一つに本来なら負け越すと翌場所の

番付はランクが下がるものですが大関だけは一度だけは

負け越してもランクが下がらずそれが連続した場合

下位に下がるという制度です。

ですから前の場所で負け越して次の場所は負け越しできないぞ!

っていう場所をカド番と呼びます。

ちなみにもう一つの大関の優遇処置は・・・

通常大関になるには直近三場所の勝ち数が33勝(前後)ですが

大関から落ちた翌場所に限り二ケタ勝利した場合に限り

すぐに大関復帰が出来る事です。

最近では「琴欧州」もでしたがカド番からの幕内優勝なんて

ありましたから今日が中日で折り返しとなる

今場所は後半戦が面白くなってきますね。

さてそんな私ですが今場所も初日は現地応援に行ってました。

この日も天候不順で午前中は小雨降る両国国技館でしたが

午後からは雨は上がり薄曇りとなりました。

IMG_3990 (1280x852).jpg

unspecified (1280x720).jpg

LINEアプリ登録者に先着で配られた大相撲限定ウチワww

IMG_3992 (1280x852).jpg

そして雨が完全に上がった午後からは十両力士が場所入りしてきます。

最近わたしが十両で応援している「石浦」

色黒で筋肉質の体形がよく先場所までは牛若丸のように

飛び跳ねる取り組みが多かったのですが

今場所は押し相撲で七日目までで一敗をキープです。

IMG_4010 (1280x852).jpg

そして十両相撲を沸かす「宇良」君

この日も付け人さんと楽しそうに談笑しながらの場所入りです。

今場所は十両筆頭ですから勝ち越せば来場所幕内が予想されますが

白星はまだ二つです。

IMG_4027 (1280x852).jpg

浴衣の着こなしがさまになる「栃煌山」

IMG_4030 (1280x852).jpg

休場明けの「大砂嵐」は七日目からまたしも休場です。

怪我すると尾をひいてしまうタイプ?

IMG_4031 (1280x852).jpg

新入幕の「天風(あまかぜ)」

NHKの新入幕インタヴューは多くの人が「え!放送事故?」と思ったのでは?

部屋の師匠「尾車」さんが後の解説でヒヤヒヤしてると言わせるほどです。

IMG_4060 (1280x852).jpg

そしてボーナスステージとも言われる「遠藤」

(対戦相手からしたら懸賞が沢山つく取り組みだから・・・)

しかしそんな揶揄を消し飛ばすほど今場所は絶好調です。

やっと目が覚めた感じの遠藤君です。

IMG_4067 (1280x852).jpg

新関脇の「宝富士」

後半戦に上位陣と対戦しなければならないのに黒星先行で折り返しです。

IMG_4077 (1280x852).jpg

以前はあからさまに220kgはあるのに公称198kgだった

ジョージアの「臥々丸」ことガガ様ww

浴衣の帯が母国の旗の模様ですね。

IMG_4086 (1280x852).jpg

角界のカラオケプリンスこと「勢」(いきおい)

浮いたり沈んだりですが今場所は勝ち越せそうです。

大関以上は車で直接地下駐車場に入るため写真は撮れません。

十両の取り組みも始まるので館内にはいると・・・

IMG_4003 (1280x852).jpg

初日は元小結「若荒雄」(わかこうゆう)現「不知火」親方が

グッズの販売員してました。

4年前の20代後半に引退してしまった人気力士が引退後も協会に残り

チケットのもぎりや場所の裏方で活躍してます。

IMG_3998 (1280x852).jpg

そしてこのガチャポンは今場所登場の国技館限定の

スノードームならぬ「スモードーム」です。

雪が舞うドームで人気力士がポーズをとります。

IMG_4118 (1280x852).jpg

行列にならんで私も一つゲットしてきましたww

1 (1280x720).jpg

この日も大入りの国技館は初日から熱狂の渦で関内大騒ぎでした。

IMG_4117 (1280x852).jpg

自宅に戻ってガチャポンを開けると中からこの日クロボシスタートの

ワンワンこと「鶴竜」が出て来ました。

今日が折り返しの中日!天気も悪く小雨降ってます。

昨日は腰の状態がようやく落ち着き久々にランができました。

unspecified.jpg

#大相撲
#九月場所
#国技館


nice!(9)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

故障のまま8月終わってもうた [食べ物]

7月の北アルプスでのふくらはぎ断裂は

ラン出来るようになるまで5週間かかってしまいました。

走りながら治そうっていう独学リハビリランはまったく

理に適うものでなく安静にしてたら回復はもっと早かったと思います。

その間のエネチャージしたものの忘備録ww

806.jpg

チェーン店ですが土曜日仕事のランチで「ラーメン花月」さんの冷やし中華。

以前「誠意を見せんかぁ!ゴラァ」事件(詳細は  )

)があったお店ね(ノ∀`)ペチョン

一般的な冷やし中華ですね。

811.jpg

そんでこちらは最近チョクチョク行く川崎木月の「豚星。」さんの

限定メニューの「冷やし中華A」。

これは上の冷やしとはまったく違うガッツリ系の冷やしです。

冷やし中華Bは海苔の代わりに生卵です。

3.jpg

2.jpg

「ラーメン二郎中山駅前店」さんの限定メニュー

「小ラーメンネギ汁なし」+「ピリ辛ニラダレ」

ガッツリ系の汁無しラーメンです。

この日も40分ほどの行列でした。

デフォの味を知らず全増しコール(ニンニク野菜アブラカラメ)

したのですがカラメした為ちょっと濃い味になってしまいました。

で、8月最終の日曜日の「ラーメン二郎横浜関内店」

相変わらずの行列ですがこの日は回転が速く1時間と予想した列は

40分で着席できました。

4.jpg

1.jpg

ここは定番の4674(汁無し)ですね(^_-)-☆

「小ラーメン690円」+「汁なし80円」+「粉チーズ100円」

コールはニンニクアブラカラメ紅マシマシたまごは全卵で!

7月訪問した時はあまりの炎天下での並びでクラクラしたせいか

初めて残してしまいましたがこの日はあっという間の完食で

腹パンでしたww

こんなエネチャージを繰り返して5週間で足を回復させた8月の30日の日に

今度はぎっくり腰の様ですwwwwwwww

昼休みに休憩所のテーブルに20分ほど突っ伏して寝て起きたら

腰が逝ってしまってました(*´Д`)あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

せっかくの今日明日の連休もどこにも行けません。

座ってる状態が一番キツイです。

とりあえず近所のスーパー銭湯の温泉で湯治しようかな…

unspecified.jpg


nice!(18)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

緊急報告( ゚Д゚)www [ランニング]

梅雨明けしてからの初更新ですがここで皆さまへ

ご報告する事があります。

この稚拙なブログを2009年に横浜に移住したきっかけに

始めなたのですがその際に使用したプロフィール写真は

そこから遡る事3年前の2006年「火祭りロードレース」の

写真を使用してまして今から10年前の写真って事です。

10年ひと昔って言われますがそんなひと昔前の写真をいまだに

使用ってのもどんなもんかな?ってことで

プロフ写真を今年の5月の野辺山の写真に変更しました。

ちなみに写真は自身2回目の購入となるオールスポーツさん

撮影のお写真です。

13343018_951127748341966_6315712822789765013_n.jpg

そんな私ですが先々週の北アルプス下山時に記事には書きませんでしたが

「紀美子平」を降りる際に右ふくらはぎの筋を断裂させてしまいました。

当初は自分でけり上げた岩が足にぶつかったって感じで

それでも声を上げる痛さでした。(いわゆる自打球ね)

しかしあまりの痛さが持続するのでそこで肉離れと気付きました。

上高地までは標高差1000mって所でしょうか

足を引きずり何とか下山した時はふくらはぎが一回りも腫れていました。

本来なら松葉杖が必要なレベルと思いますが

翌日の仕事でも右足をかばって歩くためアブラ汗の毎日でした。

肉離れの処置は固定そして冷却しその後は徐々に温めながらの

ほぐしって訳で地元のスーパー銭湯のサウナでモミモミして

その後水風呂で冷却しながら再度モミモミを繰り返しました。

そんで発症から12日目の金曜日からなんとか歩けるようになり

14日目の今日はランに挑戦です。

走り始めて100mで㌔7分ペースが妥当と感じ

その後100mでランはまだ早いかなって後悔ww

それでもゆっくりペースで走ること8km、

これ以上走ると変に右足をかばい

それが他の部位に悪いバランスになると危惧して

リハビリラン終了(ノ∀‘)ペチョン

昨日は日本中が猛暑日で今日も高温が予報されてましたが

午前10時にスタートで海が近いから風があって

走ってる際には暑いって感じはありませんでした。

unspecified4URR1IYU.jpg

unspecifiedY8H2FEU7.jpg

元気な左足www

unspecified8742BKMB.jpg

病み上がりの右足にはc3fit( *´艸`)

unspecified8XM6H9CF.jpg

そんな日曜ランのあとは「啜磨専科」さんでつけ麺ランチww

オーダーは「ザ・しおつけ麺」大盛りの960円。

つけダレの中にはサイコロの豚チャーシューと

鶏の胸肉チャーシューが入浴してます。

今日も大満足でした。

肉離れは最近発症してませんでしが

今回は過去最高のダメージって感じでした。

再発しやすくなるってのも聞きますから慎重にケアしなければね!


nice!(44)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

前穂、奥穂の岩稜歩き [山登り]

すでに一週間過ぎてしまってますが先週末の土曜、日曜で

今年初訪問となる北アルプスを満喫してきました。

梅雨明けしない関東地方ですからなかなかすっきりしない天気が続くなか

その週は久々の土日二連休が確定していた為

行ければ行きたい!と天気予報とにらめっこの日々でしたが

不安定な大気の為予報は刻々と変わり

当初は土日はダメって諦めモードでしたが

金曜日には土日から雨マークが消えて晴れマーク点灯です!

キタ――(゚∀゚)――!!

仕事から急いで帰宅するとシャワーを浴びチャチャっと準備。

しかし向かう先は上空3000mオーバーですから

寒さと雨対策はバッチシでレッツラGO!

今回の目的の山は「奥穂高岳」3190mで国内標高3位の山です。

過去にも登ってますが今回は「前穂高岳」経由の初ルートで

アタックです。

IMG_3769 (1280x852).jpg

沢渡駐車場には土曜の午前2時30分に到着し乗合タクシーが始動する

5時まで仮眠して北アルプスの表玄関となる上高地バスターミナルに

6時丁度に降り立つとなんと!穂高連峰が青空に映えてます!

予報は晴れのち曇りですが晴れ時間が長い事を祈りながらスタートです。

IMG_3781 (1280x850).jpg

河童橋と穂高のアングルは四季を通して絵になりますね。

そして中部国立公園に指定されていて通年のマイカー規制が

20年以上続いてますから流れる梓川の水も綺麗で

直接口をつけて飲みたくなります。

IMG_3784 (1280x852).jpg

奥穂へのアクセスはフラットな樹林帯を10km進んで涸沢に入るルートが

一般ですが今回は河童橋を渡り岳沢湿原を抜け

そこから一気に前穂までの急登に取り付く歩き甲斐のあるコースです。

IMG_3795 (1280x852).jpg

IMG_3796 (1280x833).jpg

湿原の明神池まで来るとスタートから気になっていたガスが

かなり低く垂れこんできます。

そしていよいよ山道のスタートでここからは展望は無くなります。

そのかわり沢沿いのルートですから青々した苔の絨毯が目に優しい~

IMG_3801 (1280x811).jpg

IMG_3803 (1280x852).jpg

このコースで有名なスポットである天然クーラーの風穴です。

地下に雪解けの伏流水が流れているのでしょう。

穴から冷気が流れ辺りを涼しくしてくれてます。

標高2140m

岳沢小屋に7時40分

ノンストップで来たから汗ダクダクです。

ここでザックを降ろし10分休憩

IMG_3819 (1280x809).jpg

そして再スタートの時はヘルメットを装着!

パイルダーオオ――ン!!

なぜならばこの先の「重太郎新道」はハシゴ、鎖場の連続で

落石も多いデンジャラスコースですから

怪我をしないさせないがポイントね(^_-)-☆

IMG_3824 (1280x852).jpg

IMG_3825 (1280x852) (1024x682).jpg

こんな感じのコースですから人が少ないのがメリットね。

IMG_3829 (1280x852).jpg

森林限界を超えると上空をさえぎる物がなくなり空が広がりますが

青空とはここでお別れでこの後は

ガスガスの世界となってしまいました。

IMG_3831 (1280x852).jpg

ここからは山歩きと言うより岩稜歩き岩登りと変わります。

しかしルートはマーキングされていますから

見落とさない限り安心です。

と言うより見落としたらそれは落石や滑落の原因となります。

IMG_3833 (1280x852).jpg

IMG_3836 (1280x852).jpg

前穂高岳の200m直下「紀美子平」からは一瞬だけ青空が見えましたが

私が前穂の頂上に着いた時はまっ白けで眺望ゼロです( ノД`)シクシク…

unspecified8SXAFPYL.jpg

10時25分標高3090mの前穂で記念撮影ね。

さてここから「紀美子平」に下りて奥穂に続く「吊り尾根」渡りです。

最初のバスターミナルの写真のバックに写っていた

穂高連峰の真中の弓なりになっていた場所です。

IMG_3846 (1280x852).jpg

上高地からもバッチリ見えたって事はここからも眼下が一望できる訳ですが

ガスは濃くなる一方で20m先に行くチームも見えなくなるほどです。

IMG_3859 (1280x852).jpg

IMG_3860 (1280x852).jpg

上高地側の眼下はガスガスでしたが

反対側の涸沢カールはキレイに見えます!

雲が無ければ常念岳や表銀座の縦走尾根がみえたでしょうが

それでもカールの底にある涸沢小屋と涸沢ヒュッテの赤い屋根が綺麗です。

ここまで来たご褒美って感じです。

IMG_3868 (1280x852).jpg

IMG_3870 (1280x852).jpg

スタートして7時間でようやく奥穂頂上3190mですが

ここでも眺望ゼロの白の世界でした。

IMG_3872 (1280x852).jpg

頂上で景色の回復を待っても期待ゼロなので

さっさと本日の宿泊先である山荘に向かいます。

しかしこの時間なのに下から登ってくる人たちがいます。

山荘泊まりでちょっと頂上までってなら分かるけど

この天候でこれから縦走なら危険ですよね。

IMG_3875 (1280x852).jpg

そして山頂から30分ほどして200m下のコルに建つ「穂高岳山荘」が見えてきました。

この時間でテン場も空いてるしテラスにも人がまばらです。

ピーク時では布団一枚に大人二人なんてザラですが

この日はこの少なさで布団一枚独占できました。

(*´ω`)(*´ω`)(*´ω`)(*´ω`)(*´ω`)(*´ω`)(*´ω`)(*´ω`)(*´ω`)

山小屋での必需品「耳栓」を今回も忘れなかったため

夕食後は爆睡10時間!普段の3倍の睡眠時間から目覚め耳栓を外すと

外から歓声が聞こえてきました。

窓に目をやると空が一面赤く焼けてます!

IMG_3876 (1280x852).jpg

山荘の名物「太陽のテラス」は名前の通りいまからまさに太陽を

迎えようとしてました。

IMG_3878 (1280x960).jpg

東の空が徐々に赤く広がって

IMG_3883 (1280x852).jpg

山荘も赤く焼け

IMG_3897 (1280x852).jpg

4時40分ご来光です!

ちょうど「常念岳」のピークから登る太陽!

実はこの日はダイヤモンド富士ならぬ「ダイヤモンド常念」だったのです。

IMG_3907 (1280x852).jpg

この時間に常念岳のピークにいたら穂高連峰は真っ赤に焼けていたでしょうね。

いまだに常念岳は訪問してないからその風景も憧れます。

当初の予定は翌日は涸沢カールに降りて

ゆったり上高地への樹林帯を歩いて帰る予定でしたが

この日の朝の天気を見て前日のガスガスの景色の

リベンジがしたくなり来たルートをそのまんま

踏みなおすことにしました。

IMG_3933 (1280x852).jpg

奥穂の頂上!青い空がキレイ!

IMG_3917 - コピー (1280x810).jpg

北を見ると北穂高と涸沢岳そして真ん中には北アルプス一番の人気もの

槍ヶ岳がドドド――ン!!

IMG_3924 (1280x852).jpg

そして眼下には上高地と河童橋の周辺が見下ろせます。

そして霞沢岳、六百山の向こうには雲海が広がり

乗鞍岳そして南アルプスそして富士山まで見渡します。

IMG_3927 - コピー (1280x852).jpg

そして4年前に縦走したジャンダルムから西穂に続く

ラスボスルートの先には活火山である焼岳が見えます。

IMG_3937 (1280x852).jpg

360度眺望バツグン!この日は遮るものはありません。

IMG_3939 (1280x852).jpg

奥穂を降りて前穂に続く吊り尾根も昨日と違い先の先まで見えます。

IMG_3954 (1280x852).jpg

途中に来たルートを振り向くと奥穂の岩稜が青空に映えます。

IMG_3963 (1280x852).jpg

そしてこの日の前穂の頂上も360度ベストビューです。

涸沢カールが綺麗!槍までも綺麗に見渡せます。

IMG_3965 (1280x852) (2).jpg

IMG_3967 (1280x852).jpg

前穂からの下山となる岩稜下りは登るより慎重に足を運びます。

IMG_3969 (1280x852).jpg

「岳沢パノラマ」からは眼下には前日休憩した岳沢小屋が見えます。

IMG_3970 (1280x852).jpg

その岳沢小屋まで下ってお目当てのシャーベットアイス400円!

巨峰の甘酸っぱさが体に染みる~

IMG_3972 (1280x852).jpg

そしてこの日は私が岳沢小屋を後にした午前10時過ぎから昨日と同じ様に

雲が湧き始め正午に上高地に着いた時は穂高連峰はガスガスの世界となってました。

土曜日スタートした時は天候が不順で多くの方が登山を

回避した為か人気の穂高も人が少なくストレスなく楽しめました。

その代り初日は眺望は楽しめませんでしたが

二日目は最高な山歩きができました。

「岳沢小屋」経由の「重太郎新道」は骨太で本当に歩き甲斐があります。

そして岩稜地帯では4つ足状態で登らなければならない場所もありますが

イコールそれは体を山に密着させることになり樹林帯を歩くより

山をより近くに感じる楽しみになります。

憧れの穂高は何度きても憧れの山でありました。




#日本百名山 #北アルプス #涸沢 #奥穂高岳 #前穂高岳 #穂高岳山荘


nice!(43)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

森林公園~大桟橋の日曜ラン [ランニング]

世の中は久々の3連休ですが私は土曜日仕事の

それでも久々の2連休です。

今年の前半は休みの日はなるべくロング走に費やしたので

後半はお山三昧にするつもりでしたがこの連休は大気が不安定で

特に私が計画している山は雨マークがずっと点灯してまして

せっかく行くのなら眺望がいい日にしたい為

結局今回の連休もランで終わりそうです(*´ω`)アヒ~

土曜日はゆっくりスタートで定時で終わった為

いつものルート357ベイサイドラン14kmして

翌日曜日は久々の根岸森林公園に向かいました。

1.jpg

大好きは「一等馬見処」を見ながら園内をグルリした後

せっかくだからと山下公園を目指して園を出ました。

unspecified.jpg

元町公園前の綺麗なカフェが並ぶ通りはまだ10時前だから人も少なく走りやすいww

5.jpg

「フランス橋」を渡って山下公園に着きました。

やたらと園内に出店が準備してると思ったら土曜、日曜は花火大会なのね。

そして大桟橋の方向を見ると何やらデカいのがそびえ立っていました。



#大桟橋 #ランニングコース #横浜 #豪華客船  #デカ過ぎ

jun25611962さん(@jun25611962)が投稿した動画 - 2016 7月 16 7:43午後 PDT


遠目だとマンションの様に見えましたが

イギリス籍の豪華客船「DIAMOND PRINCESS」

全長290mです。

イギリス籍ですが建造は三菱重工長崎工場ですからメイドインジャパンの

イギリス客船ってことです。

3.jpg

2.jpg

「横浜大桟橋」のHPからは入出港する船のデータが大分先まで確認できますが

今回HPを見たわけではないのですがグッドタイミングでこれて当たり!でした。

この後はスタート地点目指して折り返しですが

アップダウンとエネルギー切れが起りこの日は11kmで終了(ノ∀‘)ペチョン

今月は中々距離のばせませんね。

【7月17日までの月間走行距離】 80km

 


nice!(30)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

今年二回目の登山は・・・ [山登り]

先週の7月3日の日曜日に丹沢山系で人気の

「塔ノ岳」(標高1491m)に登ってきました。

今年は1月、3月にフルマラソン5月にウルトラにエントリーしていた為

年明けからは休みの日はロングランを心がけていた為

山登りは正月二日の八ヶ岳の「赤岳」以来となります。

どうせ登るのなら夜景や星空を楽しみたい為に

天気の良さそうな日曜未明に自宅を出発しました。

登山口には2時半に到着しましたが暗い中でゴソゴソと

支度に手間取り登山開始は3時近くになってしまいました。

この季節は1時間後には大分明るくなってしまい

完全に時間をミスってしまいました。

前回のナイトハイクが秋の頃でその時の時間に合わせたのが

大間違いですね(ノ∀‘)ペチョン

そして空も雲が多く期待した星空も見れずで

黙々と真っ暗な登山道を進みこととなりました。

IMG_3723 (1280x852).jpg

この日の日の出時間が4時30分ごろでした。

日の出時間は頂上が目標でしたが間に合わずその時間は

頂上直下の「花立山荘」でした。

ここからは富士山を見る事ができる人気スポットで

円盤のような雲が赤く照らされてます。

そして南を見下ろすと

IMG_3725 (1280x852).jpg

相模湾と湘南の街並みが眼下に広がってます。

登山口から標高差1200mですが約2時間かけての

午前5時05分に頂上に到着です。

頂上の手前で二人とすれ違いました。

挨拶だけかわしたので山荘泊まりなのか私と

同じようなナイトハイクかは分かりませんが

この時の頂上は私ひとりの貸し切り状態でした。

IMG_3728 (1280x852).jpg

IMG_3729 (1280x852).jpg

しかし思っていた天気予報とは違い雲が多く

いつの間にがガスってきてしまいました。

IMG_3730 (1280x852).jpg

この先に続く「丹沢山」または「三ノ塔」への縦走も考えていましたが

このガスを見てテンションが下がってしまい来た道を折り返す

事にしました。

登山口には7時に戻りましたがその間にはこれから

登山を開始する多くの方とすれ違いました。

今から登れば天候も良くなり素晴らしい眺望が見れることでしょう。

まだ今年は関東の「梅雨明け宣言」はありませんが

すでに猛暑日も記録されてます。

今年も暑い夏が予想されますがそんな時こそ

涼しいお山を楽しみたいと思います。

アツイと言えば今日から始まる大相撲七月場所

通称「名古屋場所」の熱い15日間のスタートです。 

大相撲名古屋場所1.jpg

最近の幕内の戦いは混沌とした感じで

あまりワクワク感が少ない一方

楽しいのが「十両」の若手の躍進です。

入門前から人気の「宇良」宮城の部屋の「石浦」

貴乃花部屋の「佐藤」などは今場所の活躍で

幕内への足掛かりともなりますから熱いですよね。

さてと今日も30度超えって感じの日曜日ですが

炎天下ランしてから大相撲観戦を楽しもうと思います。


nice!(24)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

「紅一点」その背景の色は? [お出かけ]

前回記事の続きです(^_-)-☆

富士市時代の職場仲間のNミッキーさんがはるばる

海のない富士宮から遊びに来てくれたから

海自の横須賀基地を案内した後に

アジサイで賑わう鎌倉を案内しました。

鎌倉でアジサイというと定番は

「長谷寺」「成就院」ですがJR北鎌倉駅から近い

「明月院」さんを訪問しました。

ちなみに九重部屋の「千代大龍」の本名は「明月院」なんです・・・

と言ってもみなさんスルーですねww

IMG_3635 (1280x719).jpg

横須賀基地からの帰りですからお昼を回った時間ですが

スゴイ行列です。

ちなみに入館料大人500円です。

1時間あたり100人は入場しているからすごい売り上げww

(税金もかからない?)

IMG_3643 (1280x960).jpg

IMG_3654 (1280x719).jpg

明月院のお決まりの写真撮ったら速攻で撤収しました。

思うに鎌倉の紫陽花って自生種が多いから画的には単調に

なりがちですね。

ですが「八景島」は種類が多くなおかつ入園料も無で

行列もないからストレス無で撮影に没頭できました。

unspecified.jpg

unspecified2VFC81WG.jpg

unspecifiedXYBHB5GD.jpg

unspecifiedFSSNMLMG.jpg

unspecifiedV0XBE221.jpg

最後の写真の花はまさに「紅一点」のシチュエーションですね。

中国の詩で「緑、緑した中で赤いアジサイがポツンと咲いてた」

ってところから「紅一点」という慣用句が生まれたそうです。

だから「紅一点の背景の色は?」の設問の答えは「緑」ですね(^_-)-☆

( *´艸`)( *´艸`)( *´艸`)( *´艸`)( *´艸`)( *´艸`)( *´艸`)

昨日は寝る時間もない一日でしたが

今日は「昨日はごめんなぁww今日は少しだけ早く帰ってええDAY」

の為、帰宅後に自宅周辺のアップダウンコース10kmランでした。

【6月22日の走行距離】 10km

【6月22日までの月間走行距離】 116m


nice!(37)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

5月のランまとめと先週の日曜フェス [海上自衛隊]

気が付けば6月ww

ちょっと前回更新から日が空いてしまいました。

そんな訳でとりあえず5月の走行結果ですが・・・

5月は今年3本目のレースそれも初ウルトラがあった為

意識してロングランに努めた結果レースも含め計18回走行して

距離は335kmとなりました。

(ウェブサイトでは19回となってますが29日の走りで途中GPSウォッチを手動で停めて再スタートを押し忘れた為、手入力で記入した為それを1回とカウントされている為です)

201605.jpg

まあ走り込めばいいってものでもないって言われる方もいますが

自分としてはその距離が不安なくレースに臨めたって感じでした。

ちなみに過去最高は富士市時代の暑い8月に340kmってのがありましたが

その時は月間25回走ってましたから内容的に今回の方が充実してたかな?

しかし!今月は昨日の18日までで走ったのは8回で82kmです。

まあ当分のところレースの予定もないし

正月登ったきりおあずけ状態だった山計画でもしようかな(^_-)-☆

そんな先週の日曜日・・・さっそくお山と行きたかったところですが

その日は「よこすかYY乗り物フェスタ2016」

ちょうど富士市時代の職場仲間のNミッキーさんが横浜まで

遊びに来てくれたので一緒に海自の横須賀基地の一般公開に出かけました。

公開する艦艇は去年と同じ「DDH183いずも」です。

去年は10時開場の所、朝の6時から並びましたが

この日到着は11時過ぎ。

手荷物検査でチョット並んだ程度で入場できましたが

すでに人!人!人!で埋め尽くされていました

IMG_3539 (1280x719).jpg

私としたらもう見慣れた物ですが

初めて目にするNミッキーさんは「オッキー!ww」の連発でした。

IMG_3546 (1280x719).jpg

全長248Mのヘリコプター空母とまで呼ばれるいずも!

IMG_3566 (1280x719).jpg

昇降機でお客さんを全通甲板へ上げるオモテナシは毎度のイベントですね。

IMG_3622 (1280x719).jpg

お天気もよく今年も大盛況でしたね。

IMG_3584 (1280x719).jpg

私的にはいずもの隣「吉倉桟橋」に係留されている護衛艦の方が

興味がありましたねww

IMG_3621 (1280x676).jpg

というのもこの日には日本が6隻しか保有していないイージス艦のうち

2隻が横須賀基地に停泊していたからです。

「DDG174きりしま」と「DDG178あしがら」

きりしまは本来ここ横須賀所属ですからいて当然なんですが

佐世保所属のあしがらがいるのは珍しいですね。

まあ艦艇がたくさん停泊してるって事はそれだけ平和ってことっすね。

今日は日曜日(*´ω`)

ホントは今日こそ近場のお山って考えていたのですが

朝から網戸の張り替えしていたらそのまま

部屋の大掃除となってしまいそして半月ぶりのブログアップでした。

それでは素敵な日曜日を(^_-)-☆


nice!(27)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ウルトラマラソン初参戦@野辺山 [野辺山ウルトラマラソン]

ソネブロのお仲間には100km160kmはたまたは400kmなどという

ウルトラマラソンに涼しい顔して参戦している変態枠の方々がいらっしゃいますが

私には無縁のレースと思ってましたが何の拍子か去年の暮れに

ウルトラの中でも過酷と言われる「野辺山ウルトラマラソン」に

エントリーしてしまいました。

半年後と思ってましたが5月22日の日程はあっという間に来ました。

まあ距離踏めばいいってものではありませんが

「走った距離は裏切らない」って事で

4月は290kmそして5月は18日までで200kmと

約50日で500kmに迫る走行距離を重ねました。

そして前日までの3日間は足を温存させて前泊する土曜日は

出発前に今年お世話になっている元住吉の人気店「豚星。」さんへ

レースエネチャージしました。

このweek限定メニューとなっている「しお」700円のつけ麺(+100円)

土曜仕事は休みにしてあったから開店前に並びましたが21番目でして

提供は3ロット目で40分後となりました。

しかし並んだ甲斐がありました!

「しお」というと鶏ガラベースのお店が多い中

こちらは動物系の出汁に柑橘系の酸味が入っている様で

さわやかなんですよ!爽快感がある出汁!

これにビシッと水で〆られた太麺が合う!

豚(チャーシュー)はいつもと同じなんでしょうが

これ食べて気が付きました。

「この店の豚は塩との相性が一番だ」って事に。

もう一心不乱に喰い尽くしてしまいました。

24.jpg

これ食べたらもう思い残す事はありません。

あとは野辺山ウルトラ会場に逝くだけです(^_-)-☆

土曜の昼過ぎにしては高速の下りもスムーズでしたが

さすがに長野の真中までは3時間ほどかかってしまい

前日受付終了の午後5時を30分前に到着。

23.jpg

会場ではソネブロ変態枠のharleyさんとMr45さんが

待っていてくれました。

久々にお会いする面々と記念撮影したりで盛り上がった後に

各々の宿泊場所へ解散。

私はとりあえず周辺をドライブがてら散策しました。

21.jpg

私あまり知らなかったのですが野辺山って色々見所があるんですね。

このパラボラアンテナは「宇宙電波観測所」いわゆる天文台なんですね。

見学は午後5時で終了してる為近くに寄る事はできませんでした。

20.jpg

そしてこの野辺山のJRの駅はJRの中で国内最高標なんですね。

22.jpg

で、こちらの踏切の辺りが軌道としてのJR国内最高地点ですって。

こうも最高地点が多いと自ずと明日のレースの過酷さがジワリジワリ

身に染みてくる感じになります。

さきほどから「野辺山ウルトラマラソン」と記してますが

正式名称は「星の郷 八ヶ岳野辺山高原100kmウルトラマラソン」

でありましてこの一帯は星が綺麗に見れる事として観光の目玉に

してるとの事。

というわけで私が車中泊した指定のグランド駐車場から見上げた夜空です。

IMG_3465 (1280x719).jpg

この日はほぼ満月の月齢でとても月明かりがまぶしく普段見える星が

見えてない感じでしたがそれでも降る様な星空でした。

車中泊は腰に悪影響を及ぼすから気が引けます。

おまけに慣れない為なかなか熟睡できずにスタート5時の2時間前に起床。

外は予報通りのいいお天気の雰囲気です。

17.jpg

気がかりは気温ですね。

スタート時は気温は一ケタですが日中は25度以上はありそう。

こういう温度差が激しく高地ランだとウェアーに悩みます。

当初は寒さ対策にアームカバーすればいいかな?って思ってましたが

朝の冷え込みからファイントラックの長袖を着込んでその上に

Tシャツとして下はハーフパンツにふくらはぎにゲイターです。

出走40分間に会場に入ると人一杯!

こんな状態でもMr45さんが私を見つけてくれました。

19.jpg

Mr45さんharleyさんは今回が3度目のエントリーでよかったかな?

共に100kmの部です。

大会名にはウルトラ100kmマラソンとありますがカテゴリーは

「100kmの部」「71kmの部」「42kmの部」

と別れてます。ちなみに体重の事ではないYO!

中でも人気なのが「100kmの部」でして今回のエントリーが

男子2,358人女子385人の計2,743人

一方「71kmの部」となると男子193人女子105人の計298人でして

これは「42kmの部」より15名ほど少ない状況でした。

まあウルトラ初参戦だから「いいんです!」

IMG_3752.png

100kmと71kmの違いは71kmの関門のあとの30kmですが

コース一番と思われる急な登りが待ち構えていることですね。

15分前となりスタートラインに並びます。

この大会は3カテゴリー同時スタートですからMr45さんと並びながら

harleyさんを待ちますがどうやらまだシャトルバスに並んでる!

とメッセンジャーが届きますww

16.jpg

同時にソネブロ女子liangさん発見ww

お友達のはっちゃんさんとは館山以来の再会でしたが

覚えてくれてたかな?

とりあえず4人でスタート前の記念写真とっていざスタート(^^)/

14.jpg

朝日を浴びる八ヶ岳を見ながらゆっくりスタートです。

とにかく前半は足温存で㌔7分オーバーです。

スタートの標高がすでに1300m超えですからほぼ高地トレですね。

100m毎に気温は0.6度下がりますからこの時点で下界と8度

ほど低いってことでラングローブ用意してきて正解でした。

グローブしてても指先の感覚が無い感じです。

15.jpg

しばらく走ると天文台のアンテナ群が見えてきました。

うーーんコースからもいいアングル狙えませんね(-_-;)

5kmほど進むと未舗装路の樹林帯となります。

このあたりから徐々に傾斜が付いてきます。

お!そうだそうだ!このトレイルに入る手前で後ろから

「Mr45さん!」と声を掛ける人。

誰かと思えばharleyさんでした。

何とか間に合ったのね。

しかしこの辺りからはあまりおしゃべりするより走りに集中でした。

13.jpg

11.jpg

この辺りはとにかく走る走る。

この後「歩かなきゃいけない場所」があるからここは頑張るって感じ。

35kmのエイド「稲子湯」【4:24:14】

コース上には計3つの温泉施設があってエントリーランナーは

自由に入れるそうです。

そして驚くのがエイドの充実さです。

9.jpg

8.jpg

「おむすび」ありーの

バナナ、梅干し、お菓子、飲み物も水ヴァームは元よりコーラ、ココア

7.jpg

私は狙っていた「お汁粉」を5人ほど並んでいただきました。

レースにあたって一番注意したのがガス切れにならない事。

71km走るって事は単純に体重×71km=4000kcal消費です。

しかし体内には2000kcalほどしか貯蓄できてないから

いかにエイドと手持ちのエナジー系食材で補てんするかって事で

今回はほぼすべてのエイドでつまみ食いさせていただきました。

しかし!一番楽しみにしていたイチゴエイドをスルーした事に気が付いたのは

レース終了後でした。

harleyさんの様に手のひらにゴロゴロっとイチゴのせて

写真撮りたかったww

6.jpg

第2関門となる42km「八峰の湯」【5:01:50】

ここのエイドの人の多さには驚きました。

私よく知りませんが観光スポットでもあるのかな?

ここまではかなりの距離の下りでして1908mの最高地点から

一気に1000mほど下ってきてました。

この大会に臨むにあたってガス欠ともう一つ注意したのが

足ツリの痙攣です。

1月と3月のフルマラソンでも後半35km過ぎに肉離れ警告の

刺すような痛みが走ったり足がツル寸前ってのがありました。

色々調べた結果水分不足が引き金になるって事で

前日から水分は「経口補水液」を飲みレース中のエイドでも

持参したパウダーで経口補水液を作りました。

それと下りで足をつぶさないように膝へのテーピングしてもらた事と

BCAAも摂ったのも良かったかな?

結果「キタタン」では終盤アシをつぶして下りが全く機能しなかったけど

今回は「このスピードやばくない?」って感じる下りでも

ダメージは感じられませんでした。

42kmのエイドでは事前に着替えや補給食を詰めたバッグを

ドロップしておけます。

ここまでの暑さでTシャツは汗が結晶化して白く粉となってますが

着替えてもすぐに同じ結果と思い補給食を補充して

キャップをサンバイザーに代えるだけで出発です。

このエイド以降では寄る所よる所で頭から水をかけてもらいました。

もうそれだけ気温が上昇していてエイドが約5km間隔であるのですが

その距離が遠く感じます。

このころになるとチョットした傾斜でも歩きに徹してしまいます。

中盤まで余裕で下りを攻めてきたツケが回って来た感があり

下りなのに歩きを入れてしまいます。

そして71km部のゴールがやっと目に入ってきました。

ここもすごい熱気です。

1時間ほど前から時計とにらめっこして何とか9時間ギリをと

狙ってましたが・・・

2.jpg

1.jpg

ギリギリセーフの8時間55分42秒でした。

3.jpg

4.jpg

ここも盛況なエイドでしてこの日何度かスルーしてきたお蕎麦を

初めて口にすることができました。

後半の登りが歩き一辺倒になってしまったのは今後の課題ですね。

ん?今後あるのかな?

でも100kmの部の方々はここからまだ30kmあり

そこにはコースで一番キツイ馬越峠なるものもあります。

今回は71kmの部ってことで一番のキツサは味わっていないのですが

それでもこのレースの過酷さは十分味わえた感じです。

鉄人の皆さまお疲れさまでした。

そしてエイド並びに運営の方々の応援ならびにサポート

ありがとうございました。

無題.jpg

unspecifiedR3CFFWSM.jpg

map.jpg


nice!(40)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | -